薬の働く仕組み 第2章 | くすり選びの「じゅんぶりる」 ~ネットで薬が買える時代~
FC2ブログ

薬の働く仕組み 第2章

薬の働く仕組み 第2章

今回は薬の働く仕組み第2章ということで、体内で薬がどのように吸収されていくかをご説明します。

1) 体内で薬がたどる運命
 全身作用を目的とする医薬品では、その有効成分が消化管やその他の経路から吸収され、循環血液中に移行することが不可欠である。
※消化管吸収、内服薬以外の粘膜吸収
200karada_1_convert_20141008124824.gif

[薬物の投与]内服の場合
*錠剤やカプセルなどはで崩壊して有効成分が溶出します。
*胃で成分が溶出しないもの・・・
腸溶製剤(胃で溶けずに腸で溶ける仕組み)

[吸収]bsorption
*消化管吸収(全身作用)→主に小腸で行われる。

*小腸などで吸収されないようなもの・・・
膨潤性下剤、生菌製剤など


※濃い方から薄い方へ拡散していく(消化管にしみこんでいく感じ)
※消化管の内容物や他の医薬品によって吸収量や吸収速度に影響を受けやすいので、食事と服用時期の関係について、各医薬品の用法に定められている。
06_5rerg.gif

[分布]Disutribution
薬物が血液中から組織へ移行する現象。

[代謝]Metabolism
代謝とは:物質が体内で化学的に変化すること
*循環血液中に移行した医薬品成分は、体内を循環するうちに徐々に代謝を受けて、分解されたり、体内の他の物質が結合するなどしてその作用を失う(不活化)、あるいは体外へ排出しやすい物質に変化。

①循環血液中に入るまでの代謝
消化管 → 門脈 → 肝臓 → 全身へ ※全身を巡る前に一度代謝される

②循環血液中に移行した後の代謝
*主に肝細胞内の酵素系の働きで代謝を受ける。

*ほとんどの場合、医薬品の成分は血液中で血漿蛋白質と結合した複合体を形成していて、複合体には酵素が作用しないため、薬は徐々に代謝されていく。

※ 肝臓の機能が低下している人では、正常な人に比べて循環血液中に医薬品の成分がより多く到達!
効き目が強すぎたり、副作用を生じやすくなる!!


[排泄]Excretion
排泄とは:代謝によって生じた物質(代謝物)が尿などで体外に排出されること

*循環血液中に移行した成分は、未変化体又はその代謝物が腎臓でろ過され、大部分は尿中に排泄される。
*尿による排泄のほか、成分によっては、未変化体又は代謝物が胆汁中に分泌され、糞便中に混じって排泄されることもある。
*その他、乳汁中への移行/汗、息、涙、唾液などに排泄されることもある。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック

. . . ...