頭痛薬の選び方 | くすり選びの「じゅんぶりる」 ~ネットで薬が買える時代~
FC2ブログ

頭痛薬の選び方

頭痛薬の選び方

いろいろな種類がある頭痛薬の特徴を交えながら選び方をご紹介します。
オススメの頭痛薬はこちら
頭痛

頭痛薬処方には大きく分けて5種類あります。

以下に代表的な市販薬を交えてご紹介します。


 主成分 ・・・ ロキソプロフェンナトリウム
ロキソニン小
 ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)は、医療用の鎮痛剤として長く使用され、2011年1月に一般用医薬品(市販薬)として第一三共ヘルスケアより発売されました。
医療用のロキソニンと成分、成分量、添加物、錠剤の大きさ、剤形いずれも同じであるため、医療用と同じ効果を得ることが出来ます。
生理痛や片頭痛、歯痛、抜歯後・術後の痛みなど、比較的強い痛みに対しても素早い鎮痛効果が得られます。
更に、胃への負担が少なく眠くなる成分も入っていません。
(注)
絶対に自己判断で長期間使い続けないでください。使い続ける前に、必ず医療機関を受診してくださいね。
ロキソニンSは、薬剤師による説明・販売が義務付けられている「第一類医薬品」に指定されているため、薬剤師のいる薬局やドラッグストアでのみ販売されています。
また、購入の際には、使用上の注意や用法・用量などについて、薬剤師からの説明を受けなければなりません



 主成分 ・・・ アスピリン (アセチルサリチル酸)
バファリンA小
 アセチルサリチル酸(アスピリン)は痛みの発生部位(末梢)でのシクロオキシゲナーゼの働きを抑えて、痛みの増強物質プロスタグランジン(PG)が作られなくなることにより鎮痛作用を示します。
一方、解熱作用は大脳にある体温調節中枢に作用するPGの産生を抑え、平熱まで体温を低下させます。
頭痛・歯痛によく効きます。
眠くなる成分は配合されていません。
アスピリン(アセチルサリチル酸)はピリン系ではありません
(注)
アスピリン若干胃への負担があります
「ライ症候群」や「アスピリン喘息」などの副作用が確認されているため、喘息のある方や初めて使用される方は一度薬剤師にご相談されることをおすすめします

 ○他のアスピリン(アセチルサリチル酸)配合の市販薬 ・・・ バファリンプラス、バイエルアスピリンケロリン


 主成分 ・・・ イブプロフェン
イブA小
イブプロフェンは、プロピオン系の非ステロイド系消炎鎮痛剤で、高い解熱作用と消炎作用を持ち、他の鎮痛剤に比べて比較的胃への負担が少なく、効き目が早いのが特徴です。
消炎効果があるため、軽い腫れをともなう痛みにも有効です。
生理痛にオススメです。
(注)
アスピリンと同じくアスピリン喘息に注意が必要なため初めて使用される方や喘息のある方は薬剤師にご相談下さい
眠くなる成分が一緒に配合されている場合が多いので車の運転等注意が必要。

 ○他のイブプロフェン配合の市販薬 ・・・ イブクイック頭痛薬リングルアイビー、バファリンルナ、ノーシンピュア、ナロンエース



 主成分 ・・・ アセトアミノフェン
タイレノール小
アセトアミノフェンは、日本では医療用の解鎮痛剤として広く使用されていて、現在も内科や小児科で「発熱時」に頻繁に処方されている成分です。
アセトアミノフェンも、アスピリンと同様にプロスタグランジン(痛みを知らせてくれる物質)の産生を抑制しますが、その効果は弱く、しかも脳にだけ作用して体の各部位(器官)に作用しないため、胃障害の副作用がありません。 
アスピリンのようにライ症候群の副作用も無いため、小児用の解熱鎮痛薬に用いられています。
また、アセトアミノフェンはそれ単体では効き目が弱いため、異なる成分、エテンザミドとカフェインを加ることで効果が高まるように設計されるケースも多いです。
これを「ACE(エーシーイー)処方」と言います。
(A:アセトアミノフェン、C:カフェイン、E:エテンザミドの略です)
(タイレノールはアセトアミノフェン単体の処方です)
なお、アセトアミノフェンはACE処方のみで市販薬になるケースもあれば、アスピリンと一緒に混ぜたり、他の痛み止め・解熱成分のエテンザミドなどと一緒にしたり、様々な処方の仕方が有ります。
(注)
基本的には胃にやさしく空腹時でも服用できる場合もありますが、胃の弱い方やムカつきや胃の痛みがある場合には食後に服用した方が安心です。
副作用は非常に少ない成分ですが腎臓病や肝臓病・高血圧症の方が服用すると持病が悪化することもあるため、持病のある方や通院中の方は服用する前に主治医に相談しましょう。

 ○他のアセトアミノフェン配合の市販薬 ・・・ ノーシン(ACE処方)、ハッキリエース(ACE処方)、新セデス(ACE処方)等


 主成分 ・・・ イソプロピルアンチピリン
セデス・ハイ小
イソプロピルアンチピリンは医療用の薬剤を市販薬に転用した、いわゆるスイッチOTCの一つです。
もともと医療用医薬品の成分ですから、他の薬剤より比較的強い解熱作用、鎮痛作用を期待でき、中枢性で即効性もあります。
単独で使用するより、ほかの解熱・鎮痛成分と配合することにより効果を発揮します。
(注)
イソプロピルアンチピリンは、「ピリン系」とよばれる成分で、副作用として発疹 ができることがあります。アレルギー体質の人や、服薬によってアレルギーを起 こしたことのある人は注意が必要です。

 ○他のイソプロピルアンチピリン配合の市販薬 ・・・ サリドン等



くすり

◎ 以上のように大きく分けて5つ紹介しましたが、もし自分が今まで服用し慣れているお薬があり、問題がなければそちらをおすすめします。
 初めて頭痛薬を使用される方や今までと違うお薬を選ばれる方は一度薬剤師へのご相談をおすすめします。

また、上記にご紹介した成分は総合かぜ薬にも配合されておりますので、総合かぜ薬を選択される場合でも上記を参考にして頂きたいと思います。
こちらでオススメの頭痛薬をご紹介しております。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック

. . . ...